入院案内
ホーム > 当院の特徴

当院の特徴

当院では、精神療法、薬物療法、精神科作業療法などのほか、以下の治療も行っております。


☆ m-ECT(修正型電気けいれん療法) ☆

  m-ECTは、全身麻酔下で頭部に電気刺激を与え、発作性放電を発生させて、脳機能を

      改善させる治療法です。m-ECTが安全で有効な治療法であることは、世界的に認めら

  れており、薬物療法、精神療法など共に代表的な治療法の一つです。


      主に以下のようなケースで効果が期待されます。

   ・精神症状に対して早急な治療効果が必要な場合

   ・薬物療法で十分な効果が得られない場合

   ・薬物による副作用が出やすい場合


    

     治療方法

  治療室で麻酔科医が麻酔を担当します。患者さんは入眠しますので、苦痛や恐怖感は

  ありません。けいれんを起こさないための処置として筋弛緩薬を投与します。準備が整った

  後、頭部に短パルス矩形波治療器(サイマトロン)により、電気刺激を数秒間加えます。

  効果を判定しながら、通常、週に2回、合計5~12回程度行います。


☆ 持効性注射剤 ☆

      月に1~2回の注射で、薬がゆっくりと体内で取り込まれ、2~4週間持続効果が

        期待できるものです。こちらは主として外来にて行われます。


治療や入院に関するご相談は、お気軽に総合支援課までお問い合わせください。

  総合支援課

  電話番号:0466-23-2343(藤沢病院代表番号)

  受付時間:月曜日~土曜日 9時30分~16時30分(12時~13時30分除く)

▲ページTOPへ戻る