入院案内
ホーム > 作業療法について

作業療法について

作業療法(OT)課  Occupational Therapy

作業療法課では、精神疾患によって生活に障害を来した方々に対し、各種作業活動を用い、より良い生活が 送れるように指導・援助を行っております。

入院の患者様が対象ですが、必要に応じて退院後も継続治療し、ステップアップを目指しております。ご高齢 者や長期療養が必要な方などに対しては、QOL(生活の質)の向上を視点に実施しております。


■作業療法は次の目標で実施されます

症状安定にむけての援助 活動を通じて気分転換、欲求充足を行い、情動の不安定さや思考、行動のまとまりのなさを 調整すると共に、健康な機能を促進します。
対人関係の改善 患者様の心の葛藤を理解し、治療者との関係をもとに、他社とよりよく交流していけるような体験の場を作ります。
基本的な日常生活への援助 病気のために不規則になった生活の修正をはかり、必要な生活技術の獲得をめざします。
社会生活への援助 主体的な生活をめざし、より良い社会生活が営めるよう援助を行います。

作業活動には、どんなものがあるか、一部を紹介いたします。

作業活動は色々な手段が考えられ実施されており、必要に応じて、それぞれの患者様の目標に合わせたプ ログラムが組み立てられております。
遊んでいて治療になるのかと疑問に思う方がおられるかもしれませんが、遊べる余裕のない方が、はたして 仕事がきちんと出来るのでしょうか。遊びの中にも治療的要素が沢山含まれているのです。

OT週間プログラム

OT週間プログラム

午前 第1OT室 個別活動 個別活動 個別活動 個別活動 個別活動/
園芸
コーラス
第2OT室 陶芸・革工芸 カラオケ リフレッシュ体操
第4OT室 パソコン/
クラブ
心理教育/
プログラム
金トレ
朝顔ルーム アイロンがけ 手芸 サバイバル/
料理
調理室 できる料理 お試し料理 農耕
午後 第1OT室 個別活動 クッキング 絵画 おやつ作り 音楽ビデオ
第2OT室 リズム体操 カラオケ
朝顔ルーム ニコニコ
グループ

その他に作業療法士が9病棟をそれぞれ担当し、OT室へ来られない方を対象に病棟内OTを実施して
おります。また年間を通してOTイベントや病院内の行事等にも参加しています。

▲ページTOPへ戻る