“できない”を“できる”に!

清流苑へようこそ
在宅復帰を目標に「今後どのような生活をしたいか」「今後どのようになりたいか」などのご要望を伺い、その姿が実現されるよう、リハビリ専門職員を始めとする全職員が一丸となって、チームケアで支援いたします。

 

施設内の案内動画
新型コロナウイルス感染症対策により、2020年3月から今現在、施設内見学を中止しており、大変ご迷惑をおかけしております。代替えとして当施設の動画をご用意致しましたので、ご利用検討の参考に是非ご覧ください。尚、通所リハビリ用の浴室エリアが本動画に追加されております。(2021年3月9日追加)

 

施設長挨拶

清流苑は、医療法人社団清心会が法人の理念である「愛と和と奉仕の精神」を忠実に守りながら運営している老人保健施設です。

当法人は精神科病院である藤沢病院を中心に、保健・福祉・医療・介護のすべての領域において、一貫して途切れることなく地域の皆様を支え、地域社会に貢献していける法人として取り組んでおります。なかでも清流苑は、ご利用者様が家庭で寛いでいるようなアットホームな雰囲気を楽しんでいただけるように、職員一同まごころをこめて日々のサービスを提供しつつ、同時に、適切かつ高度なリハビリテーションが受けられるようにスタッフの教育を充実させ、すべてのご利用者様に満足して頂けるように精進しております。さらに地域包括ケアシステムの構築の一助となれるように、ご利用者様との良好なコミュニケーションを通じ、よりよい環境と介護をご提供致したいと存じております。

施設長 石井 紀夫

看介護部長挨拶

医療法人社団 清心会 清流苑の看介護部長の石山でございます。
平素より住民のみなさま、地域の関係者の方々にはお力添えをいただき心より感謝を申し上げます。
 さて、当施設はコロナ禍ではありますが現在まで感染対策を充実させ、感染者「0」で推移しております。これも、ご利用者様・ご家族様にご協力をいただいている成果にございます。併せてお礼を申し上げる次第です。
 当施設の特徴としましては通所の併設と34床の認知床棟(一般棟各33床)を保有しております。認知症対象者が増加傾向にある社会情勢の中、ご利用者様が安心して暮らしていただけ、自立支援のできるリハビリの提供をしております。多職種連携を常に基盤にしてすべての職員がご利用者様の「そのひとらしく」を尊重し、各ご利用者様に合わせた目標に向けて支援の実施をしてまいります。また、ご家族様の介護負担の軽減に向けたご相談もお受けいたしておりますので、お声掛けいただければ幸いです。
 今後とも、清流苑を宜しくお願いいたします。

看介護部長 石山 映子

医療法人社団清心会 グループ施設